なんでも1000円でやってもらうのは無理?1000円カットでできないこと

1000円カットには含まれていないサービス

1000円カットは名前の通り、わずか1000円で髪の毛をカットしてくれる店であり、これから取引相手に会うものの、少し髪が伸びているのが気になるという人だけではなく、普通の美容院や床屋から乗り換えた人にも便利な存在です。ただ、なんでも1000円でやってくれるというわけではなく、普通の美容院や床屋にはできるものの、1000円カットではできないということもいくつか存在しています。たとえば、どのようなものが挙げられるでしょうか。

美容院はかみそりを使うことができない

まずひげそりは、やってくれる店は少ないです。理由は二つ。まず、1000円カットの店を行政に美容院として届けている場合です。美容院では床屋のようにかみそりを用いることができないため、当然、ひげそりも無理ということになります。では、1000円カットをやっているのが床屋だったらどうなのかというと、その場合は有料オプションになっていることが多く、基本料金の1000円ではやってくれません。なので、ひげをそってほしい場合は美容院ベースの1000円カットではなく、床屋に行くようにしましょう。

トークは話しかければ応じてくれる

では、一般の美容院や床屋では付きものといえる、従業員とのトークはどうかというと、1000円カットの人でも話しかければ応じてくれます。ただ、向こうから積極的に話しかけてくることはあまりありません。1000円カットは時間をかけてゆっくりと髪を切るというスタイルではなく、極力時間をかけずに切るというスタイルなので、ゆっくりと話している暇はあまりないからです。ただ、チェーン店ではなく個人店がやっている1000円カットで、まったく客がいない時間帯であれば、のんびりと話しながらやってもらえる可能性はあります。

1000円カットを開業する際に役立つテクニックを学ぶうえで、各企業のセミナーなどの際に担当者から具体的な話を聞くことが必要です。