就職活動に必ず存在する!適性検査って何?

就職活動に使われる適性検査はどんな物?

就職活動で行われる適性検査は、企業に適した素質があるかどうかを問う試験です。一般的に適性検査の種類は国語、数学そして英語の3教科の検査を行う能力検査と性格検査の2種類となっています。2つの検査の総称が適性検査となりますよ。多くの就活生が適性検査を受けた経験がありますよね。就活生の皆さんは、性格検査よりも能力検査の方を企業は重要視していると考えているでしょう。ですが、企業は性格検査も丹念にチェックしていますよ。

適性検査でどこを企業に見られているの?

知識や学力を問う能力検査で企業は就活生が検査に対しての準備を怠っていないかどうかを見極めます。正答率が高ければ高いほど準備を十分に行っていると判断されるでしょう。一方で、性格検査で企業は就活生が自社に適する素質を持っているかどうかを見極めます。よって、検査項目の中のコミュニケーション能力を問う質問に消極的な内容を答えたり、協調性に関する項目で自己主張が激しいと答えると企業にとってはマイナスなイメージになるでしょう。つまり、企業は就活生にコミュニケーション能力と協調性を求めているので、性格検査であっても企業の求める人間像を答える必要がありますよ。

能力検査も性格検査も油断しない事が重要!

就活生の多くは能力検査の準備に追われるので、性格検査にまで時間を割く事が出来ませんよね。ですが、能力検査と同じくらい性格検査の結果も企業は見ています。事前に試験を受ける企業がどのような人材を求めているかを徹底的にリサーチする事によって、性格検査の準備を行いましょう。更に、能力検査が終わった後も気を抜く事無く、性格検査にて自分をアピールして行きましょう。適性検査は能力と性格の2つの項目を必ず検査します。企業が欲しいと思わせる学力と人柄を身に着ける事が適性検査を突破する近道となりますよ。

適性検査は様々な会社が運営元となって実施されています。そのため、会社ごとに傾向が分かれるので、是が非でも合格を目指したい場合は、運営元を確認して、傾向を掴むという事も重要となります。