印刷を業者に依頼する場合は専門知識を持って!なぜ必要なのか?

印刷の種類によって業者同士の競争力が違う

印刷の種類には主に二つのタイプに分かれていますよ。版を作り版を利用してのオフセット印刷と家庭で扱うプリンターの様なオンデマンド印刷です。オフセット印刷は、工場の様な設備であるため敷地面積を必要とするのです。オンデマンド印刷は、極端な話しオフィスビル内に設備を導入する事が出来ます。つまり、オフセット印刷は、参入しづらく、オンデマンド印刷は、参入しやすい特徴を持ち合わせていますよ。参入しやすければ、業者同士の競争が激しくなり価格競争が起きますよね。オンデマンド印刷の方が安い値段で依頼が出来やすい特徴を持ち合わせています。

オフセット印刷は、直接、扱っている業者へ

オンデマンド印刷しか設備が無い業者であろうとも、オフセット印刷の依頼を引き受けている業者もあります。設備が無いのに、どうして引き受ける事が出来るのか疑問に思われる方もいるかもしれません。オフセット印刷が出来る業者へ、中継ぎとして依頼をするのです。もちろん、手数料が取られるため、割高で依頼をする事になりますよね。オフセット印刷を依頼する場合は、直接、設備を持ち合わせている業者への依頼が望ましいのです。専門的な知識を持ち合わせていなければ、常識を超える金額が請求されるかもしれないため注意が必要ですよ。

オフセットとオンデマンドの違いとは

オフセット印刷を行なっている業者は、全国規模で取り扱っている印刷物を多く取り扱っています。そのため、印刷に必要な紙やインクなどを大量に仕入れる事によって、一枚の単価を抑える事が出来ます。ただし、版を必要とするため、もちろん版を作る経費がかかりますよね。そのため、少量では無く大量に印刷物を必要とする場合は、一枚の単価を抑える事が出来ますよ。オンデマンド印刷は、パソコンから直接、印刷を行うため、版を必要としません。印刷の内容を直ぐに変える事が出来るため、スピード印刷や名刺などの印刷などに効果を発揮するのです。市販されているインクに対するカートリッジ以外の色が扱えないデメリットを持ち合わせています。特色と呼ばれる特別なインクを扱う場合は、オフセット印刷で行う必要性がありますよ。

封筒印刷を申し込みたい方に是非おすすめしたいのは通信販売のサイトです。見積もりが迅速ですから、予定を立てやすくて便利です。