起業をする前に!身につけておくべきスキルとは

どんな職種であろうとも

起業をする時にはどんな職種であろうと持っていたほうが良いスキルがあります。その一つとして会計があります。要するに帳簿をつける必要があるからです。人に任せる、と言う手もありますが、そもそも帳簿も書けない、読めないという人は独立に向いていないです。少なからず努力をして、最低限の会計の知識は身につけたほうが良いでしょう。それがまずは起業する前に身につけるスキルの一つであるといえますから、簿記は勉強するべきです。

看板やコネは確実ではない

起業する人の多くが、実力に自信があるからこそやるわけですがこれはサラリーマン時代の能力から考えない方が良いです。看板やコネというのは、予想以上に組織に依存しています。つまりは、自分自身で仕事ができているわけではなく、バックにいる、或いは所属している組織があるからこそ、コネが生かされて、仕事をもらえていることが殆どです。コネがあるのは起業においては当然であり、それでも100パーセントは信用しないほうがよいでしょう。

起業にはリスクしかないのか

起業にはリスクしかないのか、と言えばそれもまた違うことになります。物凄く儲けることが出来る人もいますし、どんな大企業でも最初は小さな会社であったわけですから、その一歩となっていることはあります。ですが、失敗する可能性のほうがどうしても統計的には多いわけですから、慎重の上に慎重を重ねるような計画があってこそ、起業というのは成功するわけです。自分の能力をあまり過大評価しないほうがよいでしょう。そこが失敗の元になります。

フランチャイズを利用することで自分の店を持てます。企業が提供するノウハウを利用して、仕事をしていくことが出来ます。