子供にプライバシーの大切さを教えるにはどうすればいいの?

ネットに個人情報をアップする子供が増加中

最近は、子供でもスマホやノートパソコンを持っているケースが多いです。小さいうちからネットに馴染んでいる子供は、すぐに個人情報をアップロードしてしまう傾向にあります。そのことが、社会問題化しているのが現状です。むやみやたらに個人情報をアップしてしまうと、プライバシーの保護ができなくなってしまいます。最悪、集団ストーカーの被害に遭ってしまったり、就職で不利になってしまうこともあるでしょう。プライバシーの保護が大切なのだと子供に教えておくことは重要です。

プライバシーが守れないとどうなるかを教える

では、どうすれば子供にプライバシー保護の重要性を認識させることができるのでしょうか?一番いいのは、プライバシーが守れなかったときにはどのような結果になるのかということを教えることです。世の中には、プライバシーを守ることができずに個人情報が駄々漏れになってしまった人がいます。そうした人たちの件を詳しく説明してあげれば、子供も恐怖を覚えるのではないでしょうか。世の中には悪意を持って個人情報を集めている人がいると教えるのも効果的です。

フィルタリング機能を使うのもあり

最悪の場合には、親がフィルタリング機能を使うのもいいでしょう。子供がどうしても言うことを聞いてくれないときには、パソコンやスマホで閲覧できるサイトを限定しておくと、プライバシーの保護ができます。自分から発信ができる掲示板などに立ち入れないようにフィルタリングをしておけば、むやみやたらに個人情報を書き込んでしまうことも防げます。18禁のサイトに出入りすることもなくなるので、この方法は比較的確実です。

機密文書とは会社にとって極めて重要な企業秘密や個人情報を記載した秘密保持が必要な書類のことを言います。